Kings of Convenience @心斎橋クラブクワトロ

最近ライブレポ続きですが。

Kings of Convenience :

ノルウェーのフォークディオ。
サイモン&ガーファンクルを思わせるようなアコースティックサウンドとコーラスワーク、そして何よりメロディーに心が洗われます。
暗い曲も明るい曲もあるんですが、通して終始落ち着いた雰囲気が流れています。北欧の音には、どんな曲にもなにか暖かさを感じるのは僕だけだろうか。


 ライブもそれと同じくして、ギター2本とピアノのみのシンプルなセットで、
アットホームな雰囲気で行われた。あまりにギターの音が気持ちよくて、お酒が入っていたと言うのもあるけど、途中何回も寝そうになってしまった。
 
 男前の方(Erik Glambek Boe) は、日本語で「人生に不可能なことはない」と何回も言っていた。
           
 メガネをかけている方(Erlend Oye)は、ずっと踊って客を笑わせていた。
このErlend Oyeは女の子にすごい人気で 笑いが絶えなかった。

 アンコール、カバー曲も含めて15曲ほどでライブは終了。
 本当に癒しのライブでした。
 
 しかし、これで終わりではなかった!
 
 最後の曲のMCでErlend Oyeが
 「ここでDJするから、この後もたのしんでってねー」というから、びっくり
。会場が今日一番に沸きました。

 
 Erlend OyeがDJをやっていることは知っていたのですが、まさかライブ会場でライブ後にDJをするとは思いませんでした。
 DJ Kicksという名義でMixCDがでているのですが、選曲はかなりよくCornelius、Phoenix 、RoyksoppさらにはThe Raptureまで網羅しています。
 ただ、他のDJと違うところは、曲をかけながらその曲を歌ってしまうと言うチョット変わったDJなんです。


 電車の時間があったので、DJはそこそこに帰りましたが大満足でした。

 
 さて、
 僕はまた花粉にやられていますが、
 この度、4/20-4/29にキャラバンが30周年を迎えるということで、お客様への感謝の意味も込めましてキャンペーンを開くことになりました。

 詳細は後日発表します。
 
 あと、4/22はofftimeの開催も予定しております。

 どうぞご贔屓によろしくお願いします。
 
 

 

cafe CARAVAN

カフェなのかレストランなのか喫茶なのかよくわからないドライカレーとコーヒーとレコードのお店です。

0コメント

  • 1000 / 1000