ロックと

 ここ最近、ダンスミュージックとかリズムが打ち込こんである音を聞くことが、ほとんどなくなった。チルアウト系の音楽は、たまに聞きたくなることがあるけど、そういう気分なときもフォークを選んでしまうことが多かったりする。僕に限ってのことですが。昔は好んでよく聞いていたのに、めっきり。
 
 まぁ単に波なんかなぁ~と思ったり。

 でも、このまま年を取るごとにいろんなものが定まっていくように、聞く音楽も定まっていくような気がする。
  
 今は音楽を聞く時間が限られて、必要な情報さえも入りにくくなっている。
音楽のことばっか考える時間も減っている。
一番長く音楽を聞いている場所は車の中。
そんだけ限られた時間の中なら、都会にいても田舎にいても変わらんのじゃないのかと思う。

 それでもやっぱり、音楽に感動したいという気持ちは変わらなかったりする。


キャプテンストライダム / ブロッコリー

松本隆が主宰する風待レコードからリリースされたので、思わず飛びついてしまった。でも、僕の好きなアメリカンタイプのバンドでした。言葉の羅列の面白さやユニコーンにチョット似ているとこや、サウンドもひねくれて声も気だるいし。最高。




銀杏BOYZ / 君と僕の第三次世界大戦的恋愛戦争

去年の桜祭りのライヴが思い出されます。
峯田は、数少ない心を動かされる人間の中の一人になってしまった。
言葉が見つかりません。僕は打ちのめされました。





★木村カエラが再結成のサディスティック・ミカ・バンドのボーカルをとるようですが、僕はそれよりもオリジナルメンバーに、つのだ☆ひろが在籍していたことに気づいてびっくりしやした。

cafe CARAVAN

カフェなのかレストランなのか喫茶なのかよくわからないドライカレーとコーヒーとレコードのお店です。

0コメント

  • 1000 / 1000