SOUND FINDER

 サウンド ファインダーというアナログ専門総合ショッピングサイトが、今月の11日にオープンするそう。

 ここでは、サイトに参加しているアナログレコード店の中の不特定多数の商品を一発検索出来、尚且つサウンドファインダーから売買が出来るというもの。

 大そうなものがまた出来たもんだ。

 僕らみたいにタワーレコードもない所の人や、レア盤なんかを探している人コレクトしている人は一発検索できるっていうのは使い勝手がいいやろね。

 でも一つ心配なことがあって、やっぱりレコードの需要ってハウスやヒップホップなんかが大きいように思います。それはレコードが基本的にはクラブで使われる物なので。逆に、ロックやジャズなんかはクラブというよりはライブにその醍醐味があるとように思うので、需要は少ないんじゃないかな。

 なので、どれだけロックやジャズの店が参加しているのか楽しみです。
 でも、やっぱり本音は直接見に行って探すのが楽しいんですけど。

 
 まぁでもこんなものが出来てくるっていうのは、総合的にレコードの需要が上がってきているんでしょうね。
 レコードの需要が上がってきているっていうことは、クラブの需要が上がってきているということか。
 クラブの需要が上がってきているということは、それだけイベントが増えてきたってことなのか。
 
 それなら、地球規模でみんなでイベントしたらみんなが楽しいのにね。
 そんなのは出来んか。やっぱり。
 音楽で世界は変わらんのかなー。
     
     

 

cafe CARAVAN

カフェなのかレストランなのか喫茶なのかよくわからないドライカレーとコーヒーとレコードのお店です。

0コメント

  • 1000 / 1000