THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION JAPAN TOUR 2012 w/KING BROTERS @大阪MUSE (1)

 



JSBXといえば、キングブラザーズ。
  昨年のOFFTIME以降、キングブラザーズの活動は活発化するばかりで、「Kill your idol ep.」から間もなく、結成時から最新作までの人気曲を再録して収録した「MACH CLUB」という名のALをリリースし、そのリリースツアーも決まっていた最中に、発表されたJSBXのツアー。

  かつては、「6×3」でジョンスペンサーがサウンドプロデュースをしたことでも知られるJSBXとキングブラザーズ。
その師弟関係でもある2つのバンドのALがほぼ同じタイミングでリリースされたことは、偶然とはいえ感動以外の何物でもありませんでした。
そして当然のごとく決定された、キングブラザーズのOA。
迷いはありませんでした。(キングのリリースツアー行きたかった。)

そしていざ大阪へ。




再録。
最近だとガーリックボーイズが、かつて出たベスト版を再録するという荒業をやってのけましたが、再録されたフルALなんて未だかつて、僕は聴いたことがありませんでした。
しかしこれは、ただ今のメンバーで録ったスタジオアルバムという種のものではなく、今のライブセットリストと怒涛のように押し寄せるテンションを、そのままアイゴンのフィルターを通してパッケージ化した、ライブアルバムでもなく、スタジオアルバムでもないような異質な作品のような気がします。
そして、初回限定盤についている「MUCH CLUB LIVE DOCUMENTARY」という DVD。これが何よりも今のキングブラザーズを象徴している。敢えてALを出して、(敢えてっていう言い方も変ですが)初回限定盤でこんな素晴らしくかっこいいDVDを付けてくるあたりが、なんかキングブラザーズらしいなって思ってしまいました。こんな映像を誰が撮ろうって言うたんだ。






『Meat & Bones』

2004年の『Damage』以来、約8年ぶりのスタジオアルバム。
何も変わってません。なんなら年とともに培った熟練技が加わって、気持ちいいところにバシバシ効きます。『Meat & Bones』というタイトル通り、「肉を切らせて骨を断つ」という言葉が当てはまるかはわかりませんが、まさにJSBXの真ん中を突くサウンド。文句なしにかっこいい。

cafe CARAVAN

カフェなのかレストランなのか喫茶なのかよくわからないドライカレーとコーヒーとレコードのお店です。

0コメント

  • 1000 / 1000