Offtime vol.28 ~Cafe CARAVAN 35th ~ ⑤キングブラザーズ.その2




ルルで、爆音の塊がそのまま突っ込んできたかのような、怒涛のライブが終わり、一旦キングブラザーズはステージを後にした。

しばらくして、アンコールをする客席の声にキングが再び登場。
そして、シールドが付いたままのアンプ、ドラムセット、マイクをステージからフロア中央へ下ろし、お客さんを囲んで床演奏が始まる。
本当にやってくれるんかと。
いつも見た光景でありながら、その時目の当たりにしたそれが、正直な気持ちだった。

ケイゾウがカウンターに、シンノスケがテーブルに乗る。立つ。BLUESから☆☆☆☆。
初めて床演奏を、というかキングブラザーズと床演奏を体験した人もかなりいたはず。キングブラザーズの床演奏を見て普通にしているのが、おかしいと思わせるだけのすべてを巻き込んでいく凄まじい熱気。ステージとフロアという位置関係がなくなり、それぞれの楽しみ方というようなものが無になり、知っていても知らなくてもいい、ただただ目の前で鳴っている音だけに反応していく。本能に訴えかけるように。

「酒徳兄弟だけに、この曲を捧げます。」
魂を売りとばせ!ケイゾウがカウンターに乗る。寝る。飛び降りて倒れる。滑る。転がる。ギターをカウンターに擦りつける。マーヤ叫ぶ。脱ぐ。上半身裸になる。叫ぶ。シンノスケがテーブルに乗る。立つ。タイチ、ひたすら叩きつづける。この訳の分かららない、とにかく凄まじい状況から、なんとKing Beat!
☆☆☆☆→魂を売りとばせ→King Beat。
演奏中の僕は、笑っているような泣いているような、なんとも言えない嗚咽を、ひたすら吐き出していたように思います。こんなセットリスト。言葉になりませんでした。
ケイゾウさん、コンディションは良くなかったはず、こんなクソ兄弟のために。

Big Boss
Kill Your Idol
マッハ倶楽部
AC/DC
Spaceship
Perfect R&R
砂の城
ルル
※床演奏
☆☆☆☆
魂を売りとばせ
King Beat





ライブの後、cafe Caravanですべての関係者と共に軽く打ち上げをしました。

来て頂いたお客さん、田島さん、バンド関係スタッフ、伊勢リズム、オフタイムメンバー、
黒猫チェルシー、撃鉄、tio、岡沢じゅん、そして弟、キングブラザーズ
感謝しています。ありがとうございました。


この日ほどそう思ったことはありません。

ロック聴いててよかった。

cafe CARAVAN

カフェなのかレストランなのか喫茶なのかよくわからないドライカレーとコーヒーとレコードのお店です。

0コメント

  • 1000 / 1000