EELS with STRINGS LIVE AT TOWN HALL (DVD)


これには、E率いるイールズの8枚目となる2枚組みのアルバム「ブリンキング・ライツ・アンド・アザー・リヴェレイションズ」のリリースに伴ったツアーのラストを飾った6月30日(僕の誕生日ではないか!)、ニューヨーク・タウンホールでのステージが収められています。

 今回のこのツアーのライブは、イールズのメンバーに加えて全員女性からなる弦楽四重奏を従えての実にアコースティックな編成で行われた。

 映像は、ドキュメントタッチで、一貫してクラシック、そして白黒とカラーの映像が効果的につくられています。
 
 ライブはというと今回のアルバムと同様に、ユニークでバラエティに富んでいます。まず、その四重奏に加え、使われる楽器の多さには目を見張ります。
 使われている楽器は、みんなビンテージなものだったり、旅行かばんやドラム缶をパーカッションがわりにしていたり(今回ドラムは使われていない)。
 ある曲で、四重奏からステージ上の7人のパーカッションになだれ込む展開は、鳥肌もんでした。
 
 そしてEの声は、この日も泣いていました。



 このDVDを見て初めて知ったのですが、イールズは必ずライブが終わって全ての片付けが済んだあと、もう一回ステージに立ってアンコールに応えるですって。
 パジャマで3曲やっていました。
 なんていい人だ。
 
 あー僕はまだこのいい人ライブを見たことがないっ!
 
 

cafe CARAVAN

カフェなのかレストランなのか喫茶なのかよくわからないドライカレーとコーヒーとレコードのお店です。

0コメント

  • 1000 / 1000